低カロリーで食物繊維が豊富!ピタヤのダイエット効果に迫る。

ピタヤ1
スポンサードリンク

「ピタヤ」、または「ドラゴンフルーツ」と呼ばれている果実でダイエットができる美容食として今注目されています。
ダイエットの効果があるその理由について解説していきます。

 

 

まず成分一覧を見ていきましょう。

栄養成分表
ピタヤ
分量100 g あたり
カロリー (kcal) 50
脂質 0.3 g
コレステロール 0 mg
ナトリウム 0 mg
カリウム 350 mg
炭水化物 12 g
水溶性食物繊維 0.3 g
不溶性食物繊維 1.6 g
タンパク質 1.4 g
ビタミンC 7 mg カルシウム 6 mg
0.3 mg ビタミンD 0 µg
ビタミンB6 0.1 mg ビタミンB12 0 µg
マグネシウム 41 mg

 

 

 

この成分を元に、特に豊富に含まれている栄養分について、どのようなダイエット効果をもたらすのかを見ていきたいと思います。

食物繊維が豊富

ピタヤ2
ピタヤは食物繊維が非常に豊富です。バナナの65倍もの食物繊維が含まれています。
この食物繊維は腸を整える作用があり、便秘解消効果が期待できるのです。

 
体の中にある余分な便を排出するデトックス効果がありますし、また、腸内環境が整うとエネルギーの代謝がよくなるので、痩せやすくなるということもいえます。

 

 

 

さらに、ピタヤの中にあるゴマ状の種子が、腸を刺激して便秘を改善・解消する作用がありますし、ピタヤの食物繊維は水分を吸着して、数倍から数十倍も膨れ上がりますので、空腹感を抑えることができ、食べ過ぎ防止としても役立ち、ダイエットしやすいといえます。

 

 

 

この腸の中で膨らむのはチアシードとよく似ているといえますね。ただ、チアシードの場合は、粒だけになるのですがピタヤの場合はそのまま食べるだけでOKですので、手間が少ないのも魅力的と言えます。

 

ダイエットに必要な栄養が豊富!?

 

食事制限などによるダイエットをすると、体に必要な栄養素が足りなくなったりすることが多いのですが、このピタヤを摂取することで無理なくダイエットができるのは、下記のような成分があるので、安心して取り組むことができるからなのです。

 

 

カリウムが豊富に含まれている

ダイエットの時によく失いがちなるミネラルが「カリウム」なのですが、これを効率良く摂取することができます。
このカリウムは筋肉の動きを安定させる作用があります。また体の中の水分の量を調整して、体の中の余分な水分を排出してくれる機能があります。

 

 

マグネシウム

 

酵素はエネルギーの代謝を高めるのに必要なのですが、マグネシウムはその酵素の働きをサポートする作用があります。
また、マグネシウムはたんぱく質の合成などの働きがある必要な栄養素です。これが足りないと筋肉痛や疲労感を
起こしやすくなります。

 

 

葉酸

葉酸を血液を作るに必要な栄養素です。脂肪を燃やすのに必要な栄養と酸素を、体中に送り届けるために血液が多いほど良いのです。
その重要な働きを持つ葉酸を豊富に含んでいるのがピタヤなのです。

 

 

ベタシアニン

これはポリフェノールの一種です。活性酸素を取り除く働きがあります。

活性酸素が増加すると細胞が傷つき、血液の流れが悪くなります。その結果、代謝が下がりますし、老化に繋がってしまうことが分かっているのですがこの、ベタシアニンを摂取すれば、活性酸素を減らせて、代謝をあげることができますので、脂肪の燃焼効果があり、普段の運動でのエネルギー消費量を上げることがきるので痩せやすい身体を作ることができるのです。

 

低カロリーでダイエットには最適な食材

ピタヤ1
ピタヤ自体が非常に低カロリーです。100グラム食べたとしてもたったの50キロカロリーしかありません。
ダイエットに必要な栄養素をしっかりと含んでなおかつカロリーとなれば理想の食材と言えますね。

 

 

 

食べ過ぎても特に問題ないですし、チアシードよりもカロリーが少ない。

 

 

 

体内の便秘改善から抗酸化まで一気に摂取できるピタヤですので、朝の果物として選んでみるのはどうでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です