アレルギーが危険!?アロエベラジュース副作用とデメリットに迫る!

アロエベラジュース1
スポンサードリンク

アロエベラの食べ方としては実に豊富にあるのですが、その中でも人気が高いアロエベラジュースです。

 

 

 
たくさんの栄養があって、美容効果が期待できるのでいいのですが、そのアロエベラジュースの副作用及び注意点をご紹介していきます。

 

 

 

※アロエベアのそのたの記事はコチラになります。

アロエベラの効果的な食べ方やおすすめレシピに迫ってみた!

アロエベラジュースの副作用について

ikas

アロエベラの特徴的な成分について書いておきます。

 

アロエベラの特徴的成分

【ビタミン類】
A B1 B2 B3 B6 B12 C E 葉酸(M)
【ミネラル類】
カルシウム 銅 マンガン 鉄 クロム 亜鉛 コバルト セレン カリウム 塩素 マグネシウム ナトリウム リン ゲルマニウム
【アミノ酸類】
アスパラギン酸 グルタミン酸 アラニン 
フェニールアラニン スレオニン ブロリン バリン ロイシン ヒスチジン セリン メチオニン リジン シスチン イソロイシン トリプトファン グリシン
【酵素類】
アミラーゼ カラクターゼ アリナーゼ リパーゼ オクシドーゼ グリコシド ブドウ糖 ラモノーゼ マノーゼ
【多糖類】
グルコース キシロース ガラクトース セルローズ 生理活性物質 植物ホルモン
【その他の成分】
アロエモジン アロエウルシン アロミチン アロエマンナン アロクチン ヘキスロン酸 アロエチン アロエニン アロエソンエモジン ホモナタロエン ベーターババロイン O-グリコシド サポニン ウロン酸 ムコ多糖類複合体 ミルセン リモネン ユニフェリルアルコール グルコサミン アルボランAB クリサシン酸 クリソファン酸

 

このように、多様多種の栄養素が詰まっているものになるのですが、非常に高い効果をもたらす分、危険性も高まってしまうといえるでしょう。

 

推奨摂取量を守ったとしても副作用が出る場合

こういった方はアロエベラのアレルギー反応を起こす人ですので、異常が見られた場合は摂取することを中止して、必ず医師に相談するようにします。もしも、飲んでみて何かしらあの反応や違和感が出てしまった場合にはそれ以上飲まずに様子を見つことから始めましょう。

 

 

推奨摂取量を超えて摂取した場合

 

推奨摂取量以上を飲んだ場合、お腹がゆるくなり、下痢になる恐れがあるので規定の量を超えないようにしましょう。特に長期間、便秘改善のために飲み続けてしまう人がいますが、これはおなかを壊しているだけですので腸内環境的に全然いいことってないんですよね。

 
強い副作用としては肝臓機能不全や吐き気、そして先ほどのアレルギー反応などが起こることがあります。

また、お腹を壊すという副作用を逆に利用して、どんどんと排泄物を出そうとする人がいますが、下剤がわりに使用するのはやめるべきです。なぜならば体の中の電解質のバランスを崩してしまう恐れがありこれは水分の不足を促すようになってしまうので、脱水症状や乾燥肌の大きな原因になってしまいます。

 

特定の方が摂取した場合の副作用について

アロエベラジュース2

 

妊娠中の女性

アロエベラジュースを摂取しないでください。子宮の収縮を誘発することがあります。その結果、流産や出生異常につながるおそれがあり、非常に危険性が高いといえるでしょう。

 

 

 

授乳中の女性、12歳未満の子供

下痢を起こす可能性がある「アントラキノン」が含まれているため12歳未満の未成熟な身体の女性はあまりアロエベラジュースを飲みすぎないほうが良いといえるでしょう。子供の場合はがぶがぶ飲んでしまって、お腹をひどく壊してしまったり、成人よりも大きな影響を受けてしまう可能性もありますので注意するようにしてくださいね。

 

もちろん、授乳中の女性は、お母さんとしては大丈夫ですが、母乳に成分が混じってしまうことにより、赤ちゃんにも影響を及ぼしてしまう可能性があるので注意すべきと言えるでしょう。

 

お年寄り

摂取するのはできるだけ控えましょう。カリウム値が下がるためです。これにより脈拍が乱れることや筋肉が弱まるおそれがあるからです。

 

低血糖症または糖尿病の治療を受けている人

アロエベラジュースを飲む前に、かかりつけの医師との相談が必要です。体内のインスリン耐性を下げ、血糖値を下げる作用があるからです。

 

手術前の患者

アロエベラジュースを摂取しないように注意が必要です。アロエベラには血液凝固を防ぐ作用があります。
これは手術で使う「セボフルラン」という麻酔薬と同じ働きをします。そのため、手術前にアロエを摂取すると血液が止まらなくなることがあるからです。

 

適量を守れば副作用はない安全な飲み物

アロエベラジュース1
基準値をきちんとまもれば、栄養満点の飲み物ですので、
副作用をそれほど気にすることなく、健康を維持することができる素晴らしいジュースだといえます。

 

 

 

症状だけ見てみると、かなり怖いように感じるかもしれませんが、普段の健康を守るためにはむしろ飲んだほうが良く、健康的に付き合っていきたいドリンクと言えます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です