激ウマ!ゴジベリーの食べ方、おすすめレシピを一挙公開!

ゴジベリー食べ方、おすすめレシピについて1
スポンサードリンク

ゴジベリーの食べ方について直接食べるという方がほとんどでしょう。それもおいしくいただけるのですが、他にもいろいろな食べ方があります。

 
ゴジベリーをおいしくいただくための食べ方とそのレシピについてご紹介しましょう。

 

ゴジベリーに関するほかの情報はこちらから確認してください。

ゴジベリーの効果は?栄養素は?

ゴジベリーの食べ方について

ゴジベリー食べ方、おすすめレシピについて1
杏仁豆腐の上にゴジベリーがのっているのはよく見かけると思います。そういった飾りつけや彩りとしてゴジベリーをいただく方法で考えると
サラダなどにふりかけたり、スープなどに入れる方法があります。トッピングとしておいしくいただけます。

 

 

 

まだ和食に合う形としては、おかゆなどに梅干しの代わりに入れてみてもよいのです。

洋食にこのゴジベリー使う場合、ハンバーグソースやステーキソースに混ぜて使うという方法もあります。

 

 

 

ゴジベリーの味はさっぱりしているし、甘さもあるので意外になんにでもあってしまうのがゴジベリーなんですね。

ゴジベリーを使ったレシピについて

しっかりとゴジベリーの栄養分を取りたいならば、できるだけ熱を加えず取りたいので、レシピとしては下記のようなものがあります。

 

 

・ゴジベリーを使ったスムージー

緑黄色野菜をミキサーにかけてスムージーにします。
その中にゴジベリーも一緒に混ぜてスムーズにしても構いませんし、最後にゴジベリーをスムージーに入れて彩りとして飲むとおいしく、そしておしゃれに飲むことができますし、栄養化もバランスよくなりますので、人気のゴジベリーレシピといえます。

・ゴジベリー入りのグラノーラ

市販のフルーツグラノーラを用意します。
そこにゴジベリーを入れてミルクと混ぜて出来上がり。他にもヨーグルトをいれても構いません。
また、ゴジベリーは乾燥した食材ですので、前の日からヨーグルトなどに入れておくとふやけて、その食感を楽しめますのでオススメです。

朝にこれを召し上がれば、便秘改善にもつながりますし、他のグラノーラの栄養価も同時に摂取できますし、腹持ちもいいので一日のスタートにはピッタリと言えます。

 

ただ、糖質が多くなってしまいますので、量は少な目にしておくようにしましょう。

 

・梅酒ならぬゴジベリー酒

梅酒が好きな方なら、そのまま梅酒のビンの中にゴジベリーを入れて同じように作ってみるのも良いでしょう。
もちろん梅の代わりにゴジベリーだけを入れてゴジベリー酒を作っても構いません。

 

それを直接飲むのも良いですし、和食や洋食などの料理に少し混ぜていただくのもアクセントがあって美味しいです。

 

どうせ飲むお酒であればより健康にしたいですよね!

 

普段の料理にもあう

ゴジベリー食べ方、おすすめレシピについて2

生でいただくだけでなく煮物の中に入れてみてもいいですし、炒め物の中にも入れてもいいのです。
例えばチャーハンの中に入れて食べるという方法もありますし、冬の場合なら鍋料理をいただいた後
おじやにする場合、ゴジベリーを入れて食べてもいいのです。

ゴジベリーは直接かじっていただくと言う方法
以外にも、様々な料理に合うので試してみてはいかがですか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です