ゴジベリーの効果は?栄養素は?

ゴジベリー1
スポンサードリンク

ゴジベリー(クコの実)の効果として疲労回復や滋養強壮があります。また、この実は寿命を延ばす優れた食材と日本では昔から言われています。

 

 
その他にもゴジベリーの驚くべき効果とその栄養素についてご紹介します。

 

 

ゴジベリー(クコの実)に関するほかの情報はこちらです。

激ウマ!ゴジベリーの食べ方、おすすめレシピを一挙公開!

クコの実とココナッツオイルを併用しています

シワとたるみ予防のためにヨーグルトと一緒にクコの実を食べています。

 

ゴジベリーの効果について

ゴジベリー1

『本草綱目』という薬草の本に効果について下記のように記載してあるのです。

・百歳近くになっても、歩くのが速い。
・白髪が黒い髪に戻る。
・落ちた歯が再生する。
・性機能を強く維持できる。
・視力が改善する。
・体が軽くなる。

とのこと。徳川家康も重宝していたといわれているもので、その歴史は長く、単に杏仁豆腐の上に乗っているものではないのです。

 

 

また漢方では、薬用果実して扱われています。他にも以下のような効果があると記しています。

・血糖値を下げる。
・コレステロールを排除する。
・特に腰痛を持っている人の痛みを緩和する。
・肝臓に対して脂肪蓄積を抑える。
・精力が増強する。
・耳鳴り・めまいがする人ならそれが改善する。
・体質改善に役立つ。
・延命効果がある。

 

 

 

さらには最近の研究により以下のようなことがわかってきています。
・更年期障害予防
・男性型脱毛症に対する効果
・目の粘膜保護

といった具合に、様々な効果がゴジベリーにはあるのです。ですので、基本的には、ゴジベリーの効果としてよく言われるアンチエイジング効果やダイエット効果以外にも、健康のためにも利用できるスーパーフードと言えるでしょう。

 

ゴジベリーの栄養素について

栄養素としてはビタミンAをはじめ、ビタミンB群やビタミンC、他にもカリウムやカルシウムがあります。
また、鉄や亜鉛、セレンやリノレン酸、さらに食物繊維などが含まれています。

 

 

 

これらの栄養素が含んでいると主にアンチエイジング効果があるといわれています。このゴジベリーを摂取すれば若返りへとつながるのです。さらには美肌効果、肌のシミ・たるみを改善する働きもあります。

 

 

 

他の要素としては、ルチン、タンニン、さらにはβカロテン、ゼアキサンチンなどの成分(これらをファイトケミカルともいいます)も含まれています。

 

 
このファストケミカルと栄養素と分けたのは、こちらは抗酸化作用があり活性酸素を除去してくれるという効果があることや、血管の強化、抗アレルギー作用、コレステロール値の改善などもあるからなのです。

さらにはこれらの要素を含んでいるおかげで、免疫力が高まり、病原菌に対して抵抗力が高まるのです。

 

食べ続けることで腎臓と肝臓に効果的

ゴジベリー2

ゴジベリーを摂取することによって滋養強壮の効果があるのですが、その中でも特にベタインという成分により肝臓の解毒作用を高める作用があることと、血糖値を下げる作用があるので、腎臓と肝臓に効果的だと言われています。

 

 
これらの臓器が弱っていたり、機能が低下している場合、この食材を摂取することで機能を高める働きがあるので、お酒が好きな方にも飲むことができますよね。

 

 

レシピとしてはそこまで多くなく、食べ方は偏るため、なかなか続けるのが難しく感じたりするかもしれませんが、最近ではゴジベリー(クコの実)とその他のスーパーフードを含んだサプリメントもありますので、手間を省きたいのであればそういったものを使うのもありです。

 

 

クコの実やその他スーパーフードをふんだんに含んだサプリに関する情報はコチラ

ついに出た!スーパーフード10種類をまとめて摂取できちゃうサプリ!

 

 

 

毎日お菓子代わりに食べるか、サプリにするかは自由ですがしっかり毎日続けるようにしてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です