最強スーパーフード!ブラックシード(オイル)にも副作用やデメリット・危険性がある?

ブラックシードオイル3
スポンサードリンク

栄養満点でしかも様々な能力を発揮しているのです、チアシードやキヌアなどスーパーフードの中の定番のものを超える可能性があるものとしても注目されています。
スーパーフード中でも特に優れた能力を発揮しているので、イスラム教の教祖モハメッドも「死以外はすべていやすことができる万能薬」と記録しているのがほんとにすごい!

 

スーパーフード中のスーパーフード!?ブラックシードオイルの効果、効能はどう?
ここまで言われているぐらいですから驚きですし、実際にそれほどの力を持った食材と言えます。

 

とはいえさあ・・・何かそこまですごいすごいって言われちゃうとなんか疑っちゃいませんか?笑

 

メリットだけってのもあり得ないだろうし・・・って私は考えてしまいます。

 

でもこのブラックシードおよびブラックシードオイルはその副作用やデメリットさらには危険性などが無いのでしょうか?

 
あまりにも優れた能力であるため、薬で言うならばその反動として副作用がすごく強いのでは無いかと思うのも無理はありませんし、実際私も疑問を感じていたので、この点について見てい功と思います。

 

ブラックシードがいかに優れているか

ブラックシードオイル5

 

まず、ブラックシードオイルの効能についてちょっと確認しておきましょう。

 

まずはブラックシードの栄養素から

 

アミノ酸15種、必須不飽和脂肪酸(リノレン酸など)

ミネラル(カルシウムや鉄、セレニウムなど)

ビタミンA、B、B2、C

ナイアシン

ニゲロン、シモキノン(抗酸化作用を持つ成分)

 

 

元気の見なものであるアミノ酸や血中の中性脂肪を下げる作用と血栓ができるのを防止する作用を持っているリノレン酸なども含んでおり、(リノレン酸は亜麻仁油(ヘンプシードオイル)にも豊富に含まれています)病気を防ぐほか、ビタミンも豊富に含まれているので、サプリを飲むよりもこれさえ摂取してればいいのでは?と感じるほどです。

 

ブラックシードの効能一覧

 

*鎮痛作用(痛み止め
*抗菌作用
*抗炎作用
*抗潰瘍作用
*
抗コリン作用
*抗かび作用
*降圧作用
*抗酸化作用
*抗けいれん作用
*抗ウイルス作用
*気管支拡張作用
*グルコネオゲネシス抑制作用(抗糖尿病作用)
*肝臓保護作用
*低血圧
*インスリン感作
*インターフェロン誘起物質
*ロイコトリエン拮抗薬
*腎臓保護作用
*腫瘍壊死因子α阻害薬

 

解毒作用もあったり、スキンケアやヘアケア、健康食品として使うことができますし、ニキビや湿疹のケア、老化防止など、とにかくその例をあげればきりがないほどその他を発揮しているので、正直上げたらキリがないっていうのが正直な所なのです。

 
栄養満点に優れているなんてブラックシード(オイル)から言わせると当たり前のことです。どんな薬よりも効果的面であるので、ブラックシード(オイル)を摂取すればすぐわかることなのですよ。

 

副作用?デメリット?とんでもない!

Picture by Ryan McGuire

これだけの効果を押されると、あまりにもその効力がすごすぎてブラックシードおよびブラックシードオイルは、もしかしたらとても強い副作用が後々起こるのではないかとか、デメリットが裏に隠されているのでは無いかと考えてしまいます。
しかしそれはまさしく杞憂に過ぎないです。

 

このブラックシード(オイル)を摂取すれば、それだけで健康を維持できるだけでなく、ある危険性のあるものから実は体を守ってくれると言われているぐらい優れた能力を発揮してくれているのです。
そのある危険性のあるものというのは何だと思います。

 

実は放射線!

 
これに対してのて防護作用があるといわれているのです。それを皮膚にぬることにより、または体の中に摂取することにより放射線に対して防護してくれるということなのですから、これぞまさしく食べてよし、塗ってよしの万能スーパーフードと言えます。

 
まさか食べ物を摂取するだけで、これだけの効果が発揮できるなんて誰が想像していたでしょう?
自然の恵みは本当に素晴らしいと改めて実感させられますよね。

 

もしかしてこれがデメリットかも?

ブラックシードオイル3
ブラックシードオイルは香りが非常に強いので、それだけを摂取するのはなかなかきついと言えるでしょう。

だから、普段のレシピに加えるには多少の技術や慣れが必要になってきます。

 
使い方としては通常のオイルのように使うといいのですが、どうしても香りが苦手という場合は他のオイルと混ぜて摂取すればおいしくいただクコとができますし、風味を混ぜるためにオリーブなどを混ぜるのもいいです。

 

またこのブラックシードオイルは値段が高いので、そういった点ではある意味デメリット?と言えるかもしれませんが、商品自体に対するデメリットは全くありません。とはいっても2000円前後でオーガニックのものは少し割高になります。

安心してブラックシードおよびクラックシードオイルを摂取して、適切な効果を得るのであればオイルでいいですが、料理のレシピを考えるのが面倒くさかったり、どうしても香りが苦手という場合はブラックシードをサプリメントにしたものを飲んで同様の効果を得るのも一つの選択と言えるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です