ブラックシード(オイル)がアトピー性皮膚炎に効果あり?

buruus
スポンサードリンク

最強スーパーフード(個人的にそう呼んでます)ブラックシードは実はアトピー性皮膚炎に効果があるといわれています。

 

もちろん、アトピー性皮膚以外の効能をもっており、HIV、がん、そして偏頭痛などの症状にも効果があるとされ、イスラム教の預言者モハメッドは、この種を「死以外のあらゆる病を癒す薬」と言っているほど高い効果を持っているとして今あるスーパーフードの中でも頭一つ抜けた存在となっています。

 

スーパーフード中のスーパーフード!?ブラックシードオイルの効果、効能はどう?

 

アトピーって治りにくいという印象があるかたも多く、通常は子供の時期に発祥して、成人することには治るものと考えられていましたが、アトピーは年々高年齢化している症状で、医師によっても意見が違うし、新しい本を読んでは温泉に行ったり、新しいアロマを使ったり、ステロイドがダメだとか、いや、使うべきだとか、本当にこれといった治し方が分からない分悩みも深い病気と言えます。

 

もしこういった悩みを持っている人が、たったひとつのことで解決できるとなれば使ってみたほうが良いと進めたいのですが、なぜ効果があるのかを一個一個見ていかないことには納得がいかないと思います。

 

アトピー性皮膚炎にブラックシードが効果がある理由

まずこの文章を読んでみてください

 

このブラッククミンとんでもない効果のものかもしれません。
免疫系の関与した治りにくいものはかなり効果があるようです。
糖尿の長い間下がらなかった血糖値を見事な速さで血糖値を正常にしてしまう。
いつも食後30分ほどで150前後、食後3時間ほど220ぐらい上がりその30分後170ぐらいまで下がっていた。
空腹時血糖値105~115ぐらい。ヘモグロビンA1C6.6であった人が、ブラッククミン2カプセルと金溶液200mlに1滴加えて1週間すると空腹時血糖値89、食後のすぐ血糖値105、2時間後115ぐらいまですぐに下がった。
この方はセイブル50mg飲んでも、食後の高血糖は下がらなかった。
ブラッククミンの油を使用すると、体の中の系に置くことができる最も重要なオイルです

 

これはクシロ薬局のフェイスブックで紹介されていた症例なのですが、注目すべきは「免疫系の関与した治りにくいものはかなり効果がある」と言われるものです。

 

アトピー性皮膚炎は、いわば肌の免疫力が弱くなってしまうことによって肌が荒れるといわれています。

 

これは肌の下痢とも呼ばれており、もともと持った肌の免疫力を上げることができれば比較的簡単に改善できるのですが、この免疫を上げるのが難しかった。

 

ただ、このブラックシードには、本来持った抗菌作用・抗炎作用・抗潰瘍作用・抗ウイルス作用・・・・

 

と何でもかんでも対抗してくれるので、肌が弱くなってしまったアトピー性皮膚炎がブラックシードを飲むだけで改善に向かう例もあります。

 

 

とにかく凄い能力を持ったスーパーフード

ブラックシードサプリのおすすめは?1

 

どんな病気でもありとあらゆる病気を治してしまう。そう言っても過言ではないぐらい優れているのがこのスーパーフードであるブラックシード。

 

通常効果的であるのはオーガニックで販売されたものを普段の食事に使うことだといわれています。
ただ、最近ではそのままオーガニック食材として摂取するだけでなく今ではブラックシードのサプリでの利用も流行っています。

実は、ブラックシードは身体に塗ることもできるので、塗るメリットを得ることはできませんが、毎日継続的に摂取するのであればサプリを毎日飲むことで手間を大幅に省けます。

 

どんな病気で悩んでいたとしても、死ぬ以外はすべて治すのでは無いかと言われてるのがブラックシートです。食べるのがなかなか難しいというかたでもサプリという形で摂取するならば、いつでもどこでも定期的に摂取することができますよね。

 

これだけ優れた能力を持っているスーパーフードをサプリメントで簡単にとることができるのですのでメリットは大きいです。

 

アトピー以外の症状改善にも利用価値はあり!

 

もちろん、ビタミンEが豊富であるし、抗酸化作用も非常に高いので美肌にも使うことができるので、お子さんがアトピーの親であれば一緒に摂取することもできますし、家族の健康のためにも利用価値は高いといえます。

 

 

高い栄養素を持っているからこそ病気を持っているわけでもなく、健康そのものだと言ったとしてもこのスーパーフードを摂取することによって、その健康をずっと維持できるので今後の大病の予防にもつながります。

 

ブラックシードの選び方と使い方

 

長期的に使うのであればサプリと言いましたが、オイルの状態で使うのであれば、レシピをできるだけ増やしておきましょう。

 

でも選び方と使い方はどうするのか気になると思います。

 

まず選び方なのですがコールドプレス(冷却+圧縮)で抽出されたものが最も鮮度が高く高い効果を得ることができます。

 

で、使い方なのですが、非常に強い香りで、スパイスのようなピリっとした辛さがあるので、カレーなどに使えます。

 

もちろん、そのままでも飲むことができるのですがかなり辛いので、まずは水に薄めて飲むのもいいかもしれません。

 

そしてもう一つ大切なことはオーガニックを選ぶこと。ココナッツオイルもオーガニックが有効であるようにブラックシードもオーガニックのほうが効果的です。

 

まとめ

buruus

 

私の意見ですが、ブラックシードはスーパーフードの中でもブラックシードは、確実に今までのスーパーフードの中でも非常にレベルが高く、今後はココナッツオイル・チアシード、いやそれ以上のブームが来ることが予想できます。

 

もちろん、味や匂いの問題があり、使う分の楽しみは少ないかもしれませんが、本気でサプリのような効果を求めていたり、アトピー性皮膚改善の何かきっかけになるのでは?と感じているのであれば使ってみるのもいいでしょう。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です