あれどこで買えるの?なかなか売ってないビーツの販売店舖は?

ビーツの販売店舖はあるの?1
スポンサードリンク

色鮮やかな赤がとても美しい西洋野菜のビーツ。その独特な色もさることながら、強い甘味も中の栄養素もとても魅力的であると評判ですよね。
野菜ジュースとして召し上がる方や、ロシア料理のボルシチにして召し上がる方など、ビーツは欠かせない食材ですし外国野菜の中では比較的人気の高い食品と言えます。

 

抗酸化作用でアンチエイジングもできるし、豊富な食物繊維も便秘改善に役立つし、まさに女性の悩み改善のための食事ともいえるビーツ

 

 

ロシアから来たスーパーフード!ビーツの効能、効果は?

 

 

一方で、近所のスーパーに足を運んでもなかなかこの野菜に巡り会うことがなく、どこで手に入れたらいいのか迷っている方も多く、ど子で買えるのか?と気になっている人も多いので、ビーツが売ってる場所、販売店舗をまとめたのでぜひ参考になさってください。

 

時期によって置いてある所と置いてない所がある

ビーツの販売店舖はあるの?1

 

実はビーツは販売地域が限定されており、予約をして購入している方も多いのです。
農家から直接取り寄せたり、予約をしておいて定期的に送ってもらうなどという方法をとっておられる方もおり、なかなか入手が困難な食材とも言えます。

 

というのも西洋野菜という点とこれを主体に栽培している農家が少ないですし、基本的には海外からの輸入に頼ることになるので、そもそもビーツの数が少ないということなんですよね。

 

 

そうなると、なかなか店先にこのスーパーフードのビーツが並んでないのも頷けると思います。
したがって、この野菜を口にするということはなかなか難しいのかなと考えてしまいます。

やはりスーパーフードと呼ばれるだけあって手にいれるのは困難なのでしょうか?

 

外国野菜ゆえに

一般的な八百屋やスーパーなどに行っても、この商品を目にすることはなかなか無いかもしれませんが、しかし外国製品を主に取り扱っているお店や、百貨店、または大手のスーパーなどに行くと、このビーツを取り扱っているところもありますので、そういったお店で購入するとよいでしょう。

 

たとえばカルディ、こちらは海外からの輸入品が多くビーツも取り扱っています。

LIBBYS リビー スライスビーツ 426g

缶詰になっている状態ですが、価格は302円と格安で非常に低価格で手に入ります。食塩で味付けした輪切りのビーツになりますが、そのままサラダに混ぜて食べるときにも使えるのでかなり有効に使えるといえるでしょう。

 

そして同じく輸入製品を多く取り扱っている成城石井でもビーツは販売されています。

 

実店舗でいえばあとは明治屋やデパートのグロサリーなどでたまに見かけることもありますが、地域や時期によって仕入れが変わるために確実においているとは言い切れないのが現状です。

 

ただ、カルディや成城石井で紹介した、ビーツは缶詰ですし、生ではないので、どうせなら「生ビーツ」を食べたいものですね。

 

近所にビーツの販売店舗がないなら

ビーツの販売店舖はあるの?2

販売店舗ではそれでもなかなかビーツを見つけることができなかったり、仮にこの野菜を取り扱っているお店があったとしても、かなり遠いところで頻繁に通うことができないという方もいるでしょうし、探しても見つかんなかったという人もいると思います。

 

収穫時期は秋口ですので、この時期ですと店頭に並んでいることも多いのですが、春口から夏に実店舗で見つけるのは非常に難しいといえます。
お店によってはすぐに完売してしまうというところもあり、なかなか実店舗で、しかも生のビーツを手に入れるのは難しいんですよね。

 

そういった場合は直売所で予約をするか、またはネット通販などで購入するという方法もありますので、その点をうまく利用するとよいでしょう。

 

ビーツのネット販売

 

農家と直接契約を結べば、採りたての新鮮なビーツを手に入れることができます。
値段は普通の野菜と比べて割高となっていますが、健康のことや珍しい野菜だと考えればそれほど気にならない金額ですので利用してみるのもアリです。

 

そして、通販購入の場合はアマゾンでビーツの販売がしていますし、しかも価格も非常に安いので購入してみるのもありです。

これはまるわ直売というフレッシュフルーツや野菜を取り扱っている会社から出ているもので、70年の販売実績を持っているので安心です。

 

 

価格も非常に低価格で手に入りますし、ビーツがなかなか手に入らなかった人は最初から通販にしておけばよかったという人もいるぐらいなので、十分使えます!

 

ビーツの保存・保管方法

 

ビーツは、他の野菜と同じように生ものなので、早めに食べることをお勧めします。

 

放ったらかしにしているとカビが生えてしまう可能性もあります。

常温または冷蔵で保管するようにして、おいしく味わっていただければと思います。

 

なにせ、生ものであればより高い効果を得ることができますので、生ジュースにも使えますし、残った皮は食物繊維の塊なのでそのまま料理にも使えますので、上手に保管しながら、上手に消費していきましょう。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です