ココナッツオイルをいろんな使い方で利用しています

kokonatu
スポンサードリンク
ココナッツオイルのおすすめの使い方について

ココナッツオイルを使っています。
主に朝食のヨーグルトにかけて食べています。
冷たいものにかけるとすぐに固まって、パリパリとした食感がとても良いです。味もほとんどないので食感だけを楽しんでいる感じです。
パウンドケーキを作る際にバターの代わりとして使うと、生地がしっとりとしておいしいです。
甘い香りがプラスされて食欲をそそります。プレーンのケーキもいいですが、意外と抹茶など日本の食材とも合います
子供たちの朝ごはんにホットケーキを作るときにも使っています。フライパンに少し多めにココナッツオイルをひいています。
生地の甘さを控えめにしても、ココナッツオイルの風味がでるので、シロップ等後でのせなくても十分おいしくいただけます。
その他の使い道として、体に塗っています。シャワールームに置いておき、シャワーの後の濡れた体にそのまま塗って保湿剤として使っています。

ココナッツオイルの保湿剤としての使い方

濡れた体に塗っても、しっとりとなじみべたつきがありませんし、シャワーの水分を取り込んで肌が柔らかくなります。
そのままタオルで優しく水分を抑えるように拭くとよいです。
裸のまま全身に塗れるので、塗り残しがありませんし、お風呂上りに服を着たらすぐスキンケアへ移れるので時短になってとても便利です。

子供が騒いで急いでいるときには、シャワーの中で全身に塗ったオイルが手に残っていたら、そのまま顔もひと撫でしてスキンケアが終わるなんてこともよくあります。

エキストラバージンでなくても十分

使っている商品はスーパーマーケットで購入できるバージンココナッツオイルです。エキストラバージンではありませんが、十分です。
市販の調味料やボディークリームなどに入っている人工的な香料よりも自然な甘い香りに癒されます。

保湿剤に使えるココナッツオイル

kokonatu

ココナッツオイルを保湿剤として利用している人はかなりたくさんいます。

化学物質を使わないで、自然のものだけで保湿ができますし、ボディオイルとしての使い方はあのミランダカーも行っていることですので、安心して実践することができます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です