ホワイトチアシードの副作用や危険性などデメリットがある?

ホワイトチアシード副作用2
スポンサードリンク

ダイエットにはチアシードと言われるようになったのは、有名モデルがこれを食べているということから流行っていて、テレビや雑誌にもたびたび登場することからスーパーフードの中でも最も知名度の高いものの一つと言えます。

 

 

 

当初は高級スーパーや健康食品の店に行かないと買うことができなかったチアシード。今では、スーパーでも手軽に手に入るようになりました。ダイエットに、便秘解消にと、女性には嬉しいスーパーフードです。

 

 

チアシードの他の情報に関してはこちらを参考にしてください。

ホワイトチアシードでダイエットをする場合のやり方は?

ホワイトチアシードはオーガニックが安全?

スーパーフードののチアシード、でも危険なものも含んでいる?

chiass

女性にいま注目のスーパーフードであるチアシードですが、ちょっと前まではあまり目にしなかったものですし、本当に毎日食べても大丈夫のか気になるのも当然ですよね。

 
チアシードのこと、少し触れてみましょう。

チアシードは南米に生息する植物の種子です。実は種子には発芽毒が含まれているのが通常なのです。これはチアシードだけではありません。「毒」というだけあってよくないのは明らかです。

 

 

 

しかし、チアシードの研究では、「発芽毒が危険である」とは発表されていません。これは「危険ではない」ということもいっていないのです。

そこで安全策を摂るならば、水に浸してから食べてください。そうすることで発芽毒であるアブシジン酸の毒性がなくなります。

チアシードの意外な副作用や危険性とは?

ホワイトチアシード副作用2
次に、チアシードを摂りすぎて便秘になってしまったということがあります。便秘解消のために食べていたのにどうして?と思われるかもしれません。

 

 

 

これはチアシードがお腹の中で膨らみすぎてしまうことが原因なんです。
つまり、チアシードが便秘解消によいから、たくさん食べようとしてなってしまったことなんです。これでは本末転倒ですよね?でも、摂取量を守れば、便秘にはなりませんので安心してください。

 

 

 

最後に、もうひとつ。それは「そのまま食べると危い」ということです。
そのまま食べることは通常、全く問題がないのは当然なのですが、その状況によっては危険になることもあるのです。

例えば、チアシードをそのままたくさん食べるとします。しかし食べたあとに水を多めに飲むのはまずいのです。これは避けなければなりません。

 

 

 

なぜなら、チアシードが食道の中で膨張し、気管を塞いでしまうことがあるからなのです。チアシードは水に浸すことで10倍に膨らみます。それが気管の中で起こってしまい、窒息状態になってしまうからなのです。

 

 

 

その方法としては、チアシードを水に浸し先に膨らませてしまうことです。こうすると、それ以上膨らむことはありません。摂取するときは先に膨らませてから食べると良いでしょう。

ホワイトチアシードは安心できる。

ホワイトチアシード副作用3
ホワイトチアシードは通常のチアシードよりも製造を厳選されたものです。
食物繊維が豊富であったり、オメガ3が多く含まれています。こちらであれば、チアシードよりも消化吸収に優れているので、ヨーグルトやサラダにふりかけて食べても心配はありません。

 

 

そして、より健康を意識して、危険性を減らすのであればオーガニックのものを選ぶようにしましょう。

ダイエットのためにチアシードを摂取して、健康を害してしまっては意味がありません。

 

 

 

※チアシードとオーガニックの関係についてはこちらを参考にしてください

ホワイトチアシードはオーガニックが安全?

 

 

 

ですが、膨らませてから食べるほうが、デメリットが少なく無難なのは確かです。できるだけ、水に浸して膨らませてから食べましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です