徹底比較!ヘンプシードと亜麻仁油の特徴や違いって何?

henpou
スポンサードリンク
henpou

一昔前はオイルを抜くダイエットが流行したように、油の取りすぎには太るイメージがついていましたが、最近ではオイルの摂り方が見直されています。

 

 

 

 

そして高い栄養素含む健康オイルを美容や健康のために購入する方が増えています。
その中でも代表格の「ヘンプシード」と「亜麻仁」。

どちらも注目されていますが、どんな効果があるのでしょうか?

 

 

 
両者の違いについて、どのようなものがあるのか、気になっている人が多いのも事実です。

ヘンプシードオイルの特徴

ui

麻の実から抽出されたオイルがヘンプシードオイルです。

 

 

 
8割以上が必須脂肪酸なので、植物油の中では最も多く含んでいるとも言われています。

更にオメガ6系とオメガ3系の割合が非常に良く心臓病の予防や中性脂肪を少なくする効果を期待されています。
高血圧の抑制にアレルギーやアトピーの改善などの働きを持つ成分が凝縮されています。

 

 

 

 

麻の実とは大麻(タイマ)なので、怖いイメージを持ち合わせているのに健康な身体には欠かせない成分を持っているのは少し不思議ですね。

 

 

 

 

気になるお味はナッツのような風味で様々な料理にあわせやすいですし、また熱に弱い成分を持っているので、そのまま召し上がることが理想的です。

 

 

 

 

世界的には注目されつつあるヘンプシードですが、日本ではまだ手に入りにくくお値段も少し高額です。
美容や健康面が気になる方々が健康食品の感覚で利用されています。
手軽にバランスを整えることができるのが魅力ですね。

 

 

ヘンプシードオイルに関する詳しい情報はコチラになります。

ダイエットするならコレ!ヘンプシードオイルのもたらす効果とは

亜麻仁油はどんなもの?

Bowls of whole and ground flax seed with linseed oil

亜麻の種子(仁)から抽出されたオイルでフラックスシードオイルとも呼ばれています。

 

 

 

 

話題のシードオイルの中でも比較的安価。スーパーでも普通の調味料と同じように店頭に並んでいるので購入しやすいです。

亜麻仁の主成分はα-リノレン酸で、オメガ3系の脂肪酸で、数ある植物油の中でも、このオメガ3の含有量が圧倒的に多いことが大きな特徴です。

 

 

 

 

日本人の食生活は近年、オメガ6系の脂肪酸の量が多くなっていることが問題視されていますが、亜麻仁の特徴を活かすことで脂肪酸のバランスを調節することができますね。

 

 

 

 

ヘンプシードオイルと同様にアレルギーやアトピー、心臓の機能にとって効果を期待できます。
またα-リノレン酸は魚介類に含まれるDHAやEPAに体内に入ると変化するので、魚介類が苦手な方にもオススメです。

 

 

 

 

気になるお味ですが、ゴマに似ています。そのため料理にも使いやすく、普段の調味料感覚で使えるので無理なく続けることができそうです。

 

 

 

亜麻仁油に関する記事はコチラになります。

亜麻仁油の持つ便秘効果とは?

亜麻仁油が持つダイエット効果について

亜麻仁油サプリの副作用やデメリットそして危険性について

 

 

 

亜麻仁オイルをつめこんだカプセルタイプのサプリメントもありますので、もしも気になっている場合はうるリノレンを使ってみるのもいいでしょう。

料理なんか面倒くさい!レシピも考えるのが大変!といった場合には使ってみるといいですし、価格も非常に安いです。

 

 

 

うるリノレンの公式HP

 

 

 

こちらのサプリではオーガニックのものを使用してますし、一日三粒飲むだけですので、外出先でも気軽に飲める点でメリットも高いといえますね。亜麻仁油の効果により、年々減少する顔のうるおいも増やすことができるので、乾燥肌に悩む人が改善したといった口コミや、化粧品にお金を必要以上に欠ける必要がなくなり、お手入れも楽になったという人がとても多いです。

 

 

そして共通点としては両方油ですので、飲みすぎると少しおなかが緩くなってしまう可能性がありますので注意するようにしましょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です