アレルギーがある?クロレラの副作用、デメリットや危険性とは

クロレラのデメリット3
スポンサードリンク

クロレラは植物性タンパク質を50~60%含んでいますしビタミンや、ミネラルの鉄分をはじめカルシウム・マグネシウム・マンガン・銅・亜鉛などが含まれています。
一般的な野菜より葉緑素を多量に含んでいて繊維質も豊富な為、緑黄色野菜の代わりになると言っても過言ではない食品です。

 

そんなクロレラに副作用デメリットがあるのかを確認していきましょう。

藻にアレルギーはあるの?

クロレラ1
クロレラは植物性タンパク質を50~60%含んでいますしビタミンや、ミネラルの鉄分をはじめカルシウム・マグネシウム・マンガン・銅・亜鉛などが含まれています。

 
一般的な野菜より葉緑素を多量に含んでいて繊維質も豊富な為、緑黄色野菜の代わりになると言っても過言ではない食品です。
もちろんサプリメントのようになっていても原材料は植物ですから薬の副作用のような心配がありませんが人によってはタンパク質アレルギーなど特殊なアレルギーがあるような方はもちろん控えた方が良いでしょう。

クロレラをとるときに注意したいのは

クロレラ2
特にとる時間帯など気にしなくて良いのですが、サプリメントや粒上の栄養素をとるときの注意点としては空腹時よりも、食後や食間に取った方が良い方もいます。

 
特に夏場は夏バテで胃腸が疲れているので、いきなり粒状態の栄養をとると胃がびっくりしてもどそうとしてしまうことがあるのです。

 
もしクロレラを飲んで気持ち悪くなったという事がある場合はそれはクロレラが合わない体質か、もしくは胃腸が疲れているだけなのか、よく体調を見るようにしてください。

 
様子を見て食間や食後に採った方が体調が良いようでしたら、そのまま続けて取り続けることをお勧めいたします。

クロレラが体質をかえる?

クロレラ3
前記したように胃腸の調子が悪いというのは、肌の調子が悪いのと同じと考えられます、胃の粘膜も口の中も肌とひとつながりになっています、もともと肌をつくっている栄養素の材料はタンパク質です。そして栄養が血になり酸素やヘモグロビンを血管を通して肌まで届けます。その材料であるタンパク質やビタミン、ミネラルが足りないと肌はボロボロ、胃の粘膜も弱く、体調が悪い身体になってしまうのです。

 
クロレラには細胞の基であるタンパク質やビタミン、ミネラルがたくさん含まれていますから、取り続けることによって綺麗な肌や丈夫な粘膜をつくり結果、体質が変わってくると言えるでしょう。

水をたくさん飲む
クロレラのように栄養がたくさん入っているサプリメントを飲むのに注意したいのは、水分をしっかりとるという事です。
特にクロレラは粒が小さく一度に10~20粒をとるように書いてあるものもあります。
一口水を口に含んで、一気にゴクンとのんでそれきりというかたを見かけますが、それでは少し心配です。
胃の中では大量に入ってきた栄養素を早く溶解し腸から吸収しようをしていますから、消化を助けるためにも多めの水をしっかり取っていただきたいです。
なるたけ、お茶やジュースなどではなくミネラルウォーターがお勧めです。

クロレラのデメリットはあるのか?

クロレラのデメリット1

1970年代末から、万病に効くとして宣伝することで問題を引き起こしてきた事実があります。「生命力」「神秘性」をイメージする宣伝と、医師の治験報告でなく患者の「体験談」をもとに販売を勧めています。クロレラには先述したように普通の栄養素は多く含まれていますが、治療上に有効な成分が含まれている根拠はありません。

 
副作用がないと宣伝していますが、国民生活センターに寄せられる健康被害報告でもクロレラの葉緑素が製造過程で分解されたものが、発疹といった光過敏症を引き起こすことで知られています。他に、下痢・吐き気などの消化器症状を訴えるケースもあります。

 

ほかにもビタミンKをたくさん含むことから、ワーファリンを治療で使っている患者さんにとっては、効能を損なうために併用してはいけないものです。

このように、クロレラ自体は非常に栄養価が高く、健康増進に一役買ってくれるものですが、販売方法や広告の誇大などに惑わされることなく、メーカーが直販している製品や
歴史のあるメーカーのものを選んでみるなどご自身で気を付けることが肝心ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です